2016年03月23日

女性との会話が苦手の方にも

女性との会話が苦手の方にも、会話上手になれます
本質的に女性を心の中からあなたへの好意に溢れさせ
人生で一番とすら感じさせるような昂揚感へと引き込む会話とは
どういうものなのか。

それこそまさに、小手先ではなく現代心理学を取り入れ、
私Saiが長年に渡って多くの女性をものにしてきた実践の中で、
特に効果が高く即効性もある要素のみと研ぎ澄ました会話術、
「B−COM」というわけです。


女性との会話が苦手の方にも
もう少し詳しくご説明していきましょう。

男性と女性は感情や思考回路といった
あらゆる構造が違います。

男性は論理的で女性は感情的なんてことをよく聞きますが
実際はそんな程度ではありません。

心理学の観点や僕が実際に何百人もの女性と
心も身体も合わせてきた経験からすれば
“全てが違う”といっても過言ではないくらいです。

まず最も大きなポイントとしては
男性にとっての会話は用件や意見伝達のための手段であり
コミュニケーションツールでしかありませんが
女性にとって会話は大事な「繋がり」や「共有」のための
必須アイテムだということです。

このことを理解していれば、
男性でも女性でもルックスや身分に関係なく
どんどん惹きつけていくことが可能です。




女性との会話が苦手の方にも、おすすめです
ちょっと話がそれますが
初めて天下統一を果たした豊臣秀吉は
まさにこの能力が抜群に長けた人でした。

豊臣秀吉といえば、あるじである織田信長から
「猿」と呼ばれていたことで有名なほど
ルックスに関してお世辞にも男前ではなかったようです。

また、とても貧しい農民出身であることも有名ですよね。

つまり、身分もお金も全くありませんでした。

しかし、厳しく身分階級が定められていた戦国時代に、
なぜ、普通ではとうてい考えられない大出世で天下人になったのか。

秀吉が使った偉大なチカラ、
それは「人たらし」という「会話力」だったのです。

ご存知の方も多いかと思いますが、
豊臣秀吉は稀代の「人たらし」と呼ばれていました。

相手の気持ちを察知し、相手の気持ちを先回りする名人、
そしてアクションを起こすタイミングセンスが抜群に優れていて、
自分に向いた警戒心を解除し、人の心を掴む技術に大変優れた人物なのです。

これは、男性に対してもそうであったようですが
特に女性に対して抜群の効果を発揮しています。

まだまだ足軽の一平卒だった頃に
のちに天下一と言われる優れた妻をめとり、
にも関わらず自分のルックスや身分に臆面も見せず
しょっちゅう浮気を重ねていたというエピソードがあります。

また、権力者になってからも、力づく側室にするのではなく、
親の仇として憎んでいた茶々(のちの淀君)を
振り向かせることに成功しています。



女性との会話が苦手の方にも、会話上手になれます
あなたもゼヒ天下統一を!とまではいいませんが(笑)、
せめて、目の前にいる素敵な女性や
大好きでどうしても付き合いたい女性にぐらいは、
思いのままに
「私、あなたとお話しているの好きかも。何だか心地良いわ。
またお話しませんか?」
と言わせる会話上手になってみたいと思いませんか?

B−COM」は、たとえ相手がガードの固い女性でも、
高嶺の花と言えるような美人でも、
あなたの思いのままに“会話テンプレートだけ”で
好感と親近感を抱かせることができてしまい、
そして想定外の事態が起きても華麗にリカバリができてしまう、
いわば総合コミュニケーションテクニックのバイブルです。

そのための一番重要なポイントをお教えしてしまいましょう。




それは、
『相手の気持ちを察知し、タイミングよく先回りする事。』

つまり、相手の女性が、
「気づいたらあなたと話しているのが好きになっていた」
と、思ってしまうほど、
自然に人間心理・女性心理を誘導操作してしまう事が重要なのです。



女性を「この人とは話が合うしリズムも合うし相性が良い」と
錯覚させ、貴方の手のひらで女性を転がしてしまえばいいのです。


難しいことは何もありません。
そのためにあらゆる応用を想定したテンプレートがあるのですから。

何度かお話している通り、
B−COMにルックスや経済力等は必要ありません。

では・・・何故、
ブーストコミュニケーションを知っているだけで
みるみる女性に好感と親近感を抱かせることができるようになるのか。



女性との会話が苦手の方にも、会話上手になれます

あなたの思いのままに“会話テンプレートだけ”で
好感と親近感を抱かせることができてしまい、
そして想定外の事態が起きても華麗にリカバリができてしまう、
いわば総合コミュニケーションテクニックのバイブルです。

そのための一番重要なポイントをお教えしてしまいましょう。
posted by NGの恋愛教育 at 12:07| 女性との会話が苦手の方にも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
NGの恋愛教育